末永美生の社員インタビュー

HOME | 働く社員 | 末永美生の社員インタビュー

末永 美生

末永 美生

お仕事内容

不動産販売事業で営業部のチームリーダーをしています。チームのマネジメントと、自社開発マンション「XEBEC (ジーベック)」シリーズのご提案と、お客さまの人生に寄り添う商品でありますので、ご契約後のサポートも主なわたくしの業務です。チームスタッフの指導をするとともに、マネジメントの範囲の広い営業部長が部下とのコミュニケーションを円滑に進められるよう、サポートをしています。業務をする上で困ったときに、身近で応えることのできる存在として、何気ないことでも気軽に聞いてもらえたらと思っています。また チームのリーダーとして、どのようにスタッフと関わっていけばチームや部が円滑なコミュニケーションを取れるのかを考えるように心がけています 。

仕事に対する姿勢

仕事に対する姿勢

わたくしどもの取り扱う「不動産」は、ご家族のために形として残せる資産です。買って終わり、売って終わりではなく、お客さまがご家族に誇れる実物資産としてしっかり維持、管理していくことが大切な商品ですので、契約後のサポートにも重点をおいております。たくさんの情報やサービスがある中で、当社の商品を選んでいただいたからには、「お客さまがして欲しいだろう 、と思うことを人一倍しっかりやる」ということを大切にしてお客様に接しています。これは、お客さまはもちろん、チームのメンバーにおいても言えることです。「周りから何を求められているか、その期待に応えられる行動をしていたか」と、自身の今までの行動を振り返るようにしています。不足があれば改善し、より一層気を引き締めて仕事をするよう、常に意識しながら仕事に向き合っています 。

仕事のやりがいについて

お客様からいただける言葉はわたくしにとって、一番の励みです。お客さまから「自分の人生の中でも大きな決断をした契約でしたが、いまは始めてよかったと心から思っています。」と仰っていただいたことがあり、とても嬉しく感じております。お客さまの中には、ご家族とも仲良くさせていただいているかたもおり、お客さまのお住まいの地方に商談で行く際は、時期柄やタイミングが合えばお会いしてお食事に行き、行きつけのお店を紹介していただいたりしております。

後輩に伝えたいこと

後輩に伝えたいこと

新卒から入社した私が後輩に伝えたいことは、仕事においてある程度の我慢は必要だということです。仕事をする中で、楽しいことだけではもちろんなく、辛いことや悲しいことも時にはありましたが、同期や上司、家族、友人などたくさんの人に支えられてきました。わたくしは、仕事をしていく中で、こういった仕事の楽しさや辛さを共有できる周りの存在の大切さを知りました。ですのでこれからデュアルタップで一緒に働くかたは、 共感できる存在との関係性を大切にしてほしいですし、デュアルタップでそのような仲間に出会ってほしいと思います。「仕事」なので、楽しい事だけではないかもしれません。ですが、その中で達成感や充実感を自分次第で作り出すことができます。そこで自分の目標を達成させることの楽しさを知ってもらいたいです。一人では不安なことも多いかと思いますが、デュアルタップには全力でサポートして手を差し伸べてくれる上司・先輩がたくさんいます。一緒に頑張りましょう。