伊藤奏瑠の社員インタビュー

HOME | 働く社員 | 伊藤奏瑠の社員インタビュー

伊藤 奏瑠

伊藤 奏瑠

「入社のきっかけ」

就活にあたり 学生時代から「 住む 」 に関わる仕事がしたいと考え、「住む 」の根幹である不動産会社の中から、デュアルタップを見つけました。
はじめて参加した説明会で希望すればジョブローテーションのチャンスがあると聞き、柔軟性のあるこの会社でなら、成長を得られると考え、デュアルタップを選びました。当社ではジョブローテーションや社内公募を活用し、新しいステージで活躍している従業員が多数おり、身近にロールモデルがいるので、とても励みになります。現在は、マンション開発に関わる部署で活躍することを目標に、お客様と直接やりとりができる営業部で、お客様が求めていらっしゃることをお伺いし、最適なプランの提案をしています。「住む」に関わる、内装やインテリアにも興味があるので、デュアルタップのきれいなオフィスやモダンなデザインのリフレッシュルームにも惹かれました。ドラマや CM などの撮影でも使われる程おしゃれなので、説明会ではぜひそこも着目してください。

入社2年目になり

入社2年目になり

新卒で入社してから2年目で、係長に昇格し「頼る」側から「頼られる」側になりました。1年目は、私ができることをやって、苦手な部分など上司に助けてもらうことが多かったのですが、今は部下に教える立場になり、私自身がよく理解していないことは人に教えることができないと気付きました。そのため、私自身、前よりも勉強するようになりました。私自身の成長にもなっていると感じます。入社してから「あたりまえのことを、あたりまえにやることが大切」ということを上司に教えられました。今度は私が部下にそれを引き継いで教えていきたいです。また、私は去年までは新卒の新人だったので、他の役職者よりも新卒の気持ちに寄り添ってアドバイスをすることもできると思っています。この立場を活かして、チームの係長として、メンバー 1人ひとりが成長できるようにサポートしていきたいと思います。私個人の目標は、まだまだ知識が足りないので、取り扱っているマンションの専門的な知識はもちろん、様々な資格を取りたいと考えています。最終的に、営業部全体で同じ目標に向かって、ともに上がっていきたいです。

「お客様と私」〜こんな思いで仕事をしています〜

入社当時は「お客様のために」とまで考えが至らず、 ただ漠然と「めちゃくちゃ稼いでやる」と、「売る」ことが一番だと思っていました。ですが、研修や上司とのやり取りを重ねていくうちに、仕事の本質は単純に「売る」「稼ぐ」ことだけではなく「お客様にとって良いものをご提供 ・ ご案内する」ことなのだということに気づかされました。お客様ご提案用のシミュレーションを作る時にも、お客様に最適な提案ができるよう、会社の様々な部署と協議しながら、作っています。お客様の人生に少しでもプラスになれたら、と思っています。仕事を始めて、様々なお客様とお話をする機会が増えました。私よりも社会経験の長いお客様との会話を通して自分の意識を高めることできたり、自分の知らなかったことを教えていただいたりできるところも、この仕事の面白いところだなと思います。また全国各地に行くことができるので、各地の美味しい料理を食べられることも一つの楽しみです。

デュアルタップでよかった

「デュアルタップでよかった!」

デュアルタップは上司や他の部門との距離が近いので、様々なことを話せるのが大きな魅力だと思います。そのような社風のため、当社では従業員発信のアイデアを実現でき、それを経営陣も応援してくれる環境があります。最近だと、従業員のアイデアで、人事制度に新しい内容が追加されました。当社では、宅地建物取引主任者を持つ従業員に資格手当が支給されていましたが、従業員発案で業務に関わる資格に対しても資格手当が支給されるよう、人事部が実現に向けて動き出しています。不動産会社として宅建はもちろんそのほかの資格に対しても手当があることは、とても魅力的ですし、従業員同士意識を高めることができる良い制度だと思います。こういった制度は仕事をするうえで高いモチベーションを与えてくれると感じています。