福島剛志の社員インタビュー

HOME | 働く社員 | 福島剛志の社員インタビュー

福島 剛志

福島 剛志

デュアルタップへの入社の経緯

デュアルタップに入社する前は、10 年近く飲食業に勤めていましたが、30 代を前に自分の人生について危機感を覚え転職を考えていた折、お客様から不動産業界は学歴は関係のない実力主義であることや、業界の魅力を伺い、人生を変えるなら不動産業界しかないと思い、転職を決意しました。その想いを体現できる会社としてデュアルタップを選んだのは、不動産業界の中でも、マンション開発から管理までを行う「総合デベロッパー」であることが大きいです。投資用不動産の開発や販売を行う会社は他にも多くあると思いますが、比較優位性の高い当社であれば、厳しい環境であっても努力次第で実績は残せると思いました。

デュアルタップの営業部長として

デュアルタップの営業部長として

当社の事業は主力商品である「 XEBEC (ジーベック)」の企画・開発・販売を行う「不動産販売事業」、安定したストックモデルである「不動産管理事業」、後の注力分野である「海外不動産事業」で構成されており、現在私は当社の主力事業である「不動産販売事業」の営業部をマネジメントしています。
部長として「長期的な視点に立った人材育成」が最大のミッションであると考えています。目先の結果だけ求めるのではなく、それぞれの営業社員の人生にとって、どのような選択をさせることがベストなのかを常に考えています。時には失敗することで学びを得られることもあると思いますので、その時には敢えて見守り、自分で経験させることも責任者の仕事だと考えています。ただ、営業である以上は結果が最も重要なので、現在の「1」を取るのか将来の「100」を取るのか、そのバランスを誤らないように気を付けています。営業部の成長は会社の成長に大きく直結すると考えているので、メンバーの知識を深めることで、デュアルタップを業界のイメージを一新できるような唯一無二の会社にしていきたいと考えています。

チームで営業をしていくことについて

営業社員の同期や同僚はチームであり、ライバルでもあると考えています。全員が責任者になれるわけではないため、対抗心を持ってメンバー同士刺激し、高めあってほしいです。役職者には若いうちにマネジメントの経験を積める機会を大切にして、部下や後輩に対して悩みながら成長していってほしい。そして、それを導いていければと考えています。入社してからは良い意味でデュアルタップの看板や環境を利用しながら、デュアルタップに在籍している時間で己を大きく成長させ、それぞれの夢を実現してもらいたいです。

今後実現してみたいこと

今後実現していきたいこと

お客様にとって、不動産だけでなく投資や金融に関して、「デュアルタップに相談すれば解決する」と思っていただけるような会社にしていきたいです。それを実現できるような知識とノウハウを持った人材を育成し、それに伴った事業展開ができればと考えています。